希野正幸のインフォブログ

興味を持った情報を選んで発信しています。

米経済が急激に冷え込んでいます。

アメリカの株価の動向を見ても、アメリカ経済が急激に冷え込んでいるように思えます。これまでも株式市場が好調だったのはバブルを膨らませ続けた結果ですし、景気が一時的に回復したのも多くの消費者が景気が良いと勘違いし支出を増やした結果なのかもしれません。
深刻な経済問題を抱えているのはアメリカだけではなくヨーロッパも中国も同様です。韓国はどうでもいいです。。世界経済が急激に悪化すれば日本にも深刻な影響が及びます。来年早々???そうならないことを望むばかりです。
日本の消費者は景気はずっとあまりよくない状態だと感じていたのに政府はアベノミクスが大成功のようなふりをしています。政府と一般庶民との隔たりがあまりにもひどすぎます。
不思議なことに、ほんの数年前までは仕事に就けない人たちが多く困っていたのに、いつの間にか多くの企業が人手不足で困っていると嘆いています。この違いは何なのでしょうね。
どうも企業側は改善せずに外国人労働者で間に合わせようとしているようですね。

http://www.investmentwatchblog.com/jim-cramer-on-the-u-s-economy-many-ceos-have-told-me-about-how-quickly-things-have-cooled/
(概要)
11月16日付け 

 


ここ最近、米経済が前回の不況直前のようなペースで急激に悪化してきました。
主要メディアの有名人でさえ米経済の悪化を懸念視するようになりました。例えば、長い間、米経済は順調であると語っていたCNBCのジム・クレーマー氏なども考えを一変したようです。
クレーマー氏によると、大企業のCEOらから訊いた話として、米経済が予想に反して急激に冷え込んでいるためかなり不安視されています。

2008年の状況と同じように、突然、経済が悪化しており、多くのエキスパートも驚いています。

現在の経済システムがあまりにも脆弱すぎるため何かがうまくいなかくなると一気に全てが崩れてしまいます。そうなると今後数ヵ月間の見通しは非常に暗いものとなります。
クレーマー氏は、現在の金融市場の動きを見れば米経済は崩壊の寸前であることが分かり、一旦崩壊すれば多くの人々が失業し苦しむことになると警告しています。
大企業のCEOらも非公式に米経済の先行きに懸念を示しています。今の状況は2008年のリーマンショック直前と似ており、FRBウォール街の実態を把握していないか無関心を装っています。クレーマー氏はFRBについて現状を全く把握しておらず勤勉さに欠けると言っています。

 

2008年~2009年にかけて多くのアメリカ人がほんの数ヵ月で解雇されました。この記事の読者の多くも同じ体験をしたことでしょう。再び同じ事が起ころうとしています。エキスパートらの予想よりもはるかに早い段階で経済危機が起こる恐れがあります。

金曜日に発表されたFRBニューヨークのリポートによると、アメリカの住宅ローン(借金)が9兆ドルを超え、2008年のピークよりも8370憶ドルも増えています。2013年に比べ21%も増えています。
米経済は、借金を増やすことで好調を維持してきただけなのです。
 

半額以下商品多数!社会貢献型サンプリングサイト【Otameshi】

このサイトは、いろいろな物が安く買えます。

 

ガス会社の乗り換えで、ガス料金が安くなります!

うちもこれでガス代が大幅に安くなったので、浮いたお金はお小遣いにしました。

戸建限定ですが、興味がある方は、取り敢えずクリックしてみましょう。

トランプはアメリカを軍に支配させたい?

トランプが頼れるのは軍しかないようです。そのため、反トランプのテロリストや極左勢力から大統領の地位やアメリカを守るために軍を使って粛清するのではないかとロシアでは思われているようです。中間選挙後にトランプと反トランプの対立が益々激化しあちこちで争いや暴動が起き、国内がカオス状態になるのでしょうか。
アメリカでは極左勢力の不穏な動きがあることは間違いなさそうです。反トランプにトランプはどのように対処していくのでしょうか?

http://www.whatdoesitmean.com/index2711.htm
(概要)
11月15日付け


本日、ロシア政府内部で配布された安全保障会議の報告書によると、米政府高官らは、トランプがアメリカ合衆国を軍の配下に置く準備をしているとプーチンに正式に伝えました。

By: Sorcha Faal

その報告書によると、プーチン大統領、ペンス米副大統領、ボルトン国家安全保障担当補佐官の立ち話中に、プーチンは、トランプが(ロシアが最も恐れている)アメリカ合衆国を米軍配下に置く準備をしていると伝えられたようです。
中間選挙後に、使命感をもって米憲法を守り維持していくと国民に約束するためのトランプの宣言書(アメリカ魂と題する宣言書)が、トランプを容赦なく攻撃し完全に潰そうとしている極左勢力によって破棄されようとしています。
特に中間選挙後は極左勢力による脅威が増し水面下でアメリカは事実上内戦状態になっています。現在、アメリカは完全に2つに分裂してしまいました。両者に歩み寄りの余地は全くありません。



この事態に重大な懸念を示したプーチンは、アメリカが大量の軍装備品や兵器をヨーロッパからアメリカ国内に返送していることについて、トランプの軍事クーデター計画と関連しているのではないかと2人の米高官に質問を投げかけました。実際に、トランプは1週間前から海外の米軍基地から軍装備品や兵器をアメリカ国内に戻しているのです。すると彼らは、大統領として米憲法を守る責務があるトランプは何らかの行動に出る準備をしていると答えました。それがアメリカ合衆国を軍配下に置くということなのかもしれません。

 

米国民には全く知らされていませんが、報告書によると、中間選挙の1週間前に、現役の陸軍予備軍部隊がイリノイ州アーリントンの警察部隊と共にシカゴの近くで市街戦の訓練を行いました。しかしこの行為は民警団法(国内の治安維持に米軍を動員することを禁じる連邦法)を破る行為です。

この一連の動きを知った主要メディアの御意見番(反トランプのMSNBCのモーニング・ジョー(報道番組)に度々出演していた)のドニー・ドイッチ氏(元宣伝担当幹部のユダヤアメリカ人億万長者)は、MSNBCのモーニング・ジョーに出演中に、彼がイスラエルを支持したとして番組のホストのジョー・スカボロ氏と口論になりました。

ドイッチ氏はトランプを最も古くから知っている親友でありトランプの実話ものシリーズにも出演していました。
また、トランプの元夫人とも付き合いがある彼は昨日の全米放送のテレビ番組で、トランプは米軍の援助を受けながら、権力を維持するつもりだと力説しました。
ドイッチ氏は番組の中で「我々はこの男をもっと知る必要がある。彼は本当にそれをやるだろう。彼は5000万人の米国民に向けて、私はまだ今でも米大統領だ、これが私の新政府だと言った。」と伝えました。
トランプはその直後にツイッターで次のように反応しました。
「反アンティファの人たちはアンティファと戦うために動員されることを望んでいない。なぜなら、もし彼らが動員されたなら、アンティファの連中よりもはるかに強靭でありアンティファとはかなり暴力的に戦うからだ。その時、アンティファは大変なことになるだうね。」

(CNNの記事:アンティファは暴力により平和を求めている。)

CNNはアンティファの暴力を使って平和を求めるというやり方を擁護しています。
このようなやり取りがあっても、実際にトランプがアメリカ合衆国を軍の配下に収める準備をしていることを証明することにはなりませんが、トランプが行っている米軍トップの刷新(アフガニスタン、イラン、シリアで指揮していたボーテル陸軍大将はトランプの命令に従わないため解任された。)している理由は、他国に米軍を派遣した国を侵略するために戦わせたり対テロ作戦で世界中に大量の米軍部隊を派遣したことで巨額の税金が投入され多くの人々を犠牲にしたような米軍の在り方を変え、戦争のための無駄遣いを止める代わりにアメリカを元の状態に取り戻そうとしているからでしょう。専門家は、現在の米軍がロシア軍や中国軍と戦っても敗北するだろうと警告しています。
トランプは海外に派遣されている米軍をアメリカ国内に送還させ国内で活動させようとしています。


  

中略

 

トランプが結成させたReady Force X 部隊は国内の治安を守る部隊です。例えば、彼らはメキシコとの国境を大量の不法移民から守るために国境沿いに派遣されました。シカゴの近くで軍事訓練を行っていた理由は国境から武装集団が流入するのを阻止するための訓練でした。

トランプが極左集団と協議を行い米国内の分裂や暴動を鎮圧することができれば、米憲法を守るために軍が出動する必要はなくなります。しかし、中間選挙で当選した民主党議員らは下院で勝利したことで支持者らにトランプとの対決姿勢を鮮明にしたことで、その望みは消えてしまいました。

以下省略

 

半額以下商品多数!社会貢献型サンプリングサイト【Otameshi】

このサイトは、いろいろな物が安く買えます。

 

ガス会社の乗り換えで、ガス料金が安くなります!

うちもこれでガス代が大幅に安くなったので、浮いたお金はお小遣いにしました。

戸建限定ですが、興味がある方は、取り敢えずクリックしてみましょう。

“ごく普通の社会人として”普通の暮らしをし、本当の意味で幸せになることこそが“地球を変え、地球解放に結びつく” ~「選民思想」があらゆる悪の出発点~

画像の出典: pixabay [CC0]
 
竹下雅敏氏からの情報です。
 大変興味深い記事です。私の感覚と重なる部分が多いです。私は宗教や宗教団体があまり好きではないのですが、それは熱心な修行者や信者ほど、黒字で太字にした部分に当てはまると思うからです。
 彼らの多くは、この世界がサタンのものであり、普通に生きている人を、“自分たちが奉ずる神”を信仰していないというだけで裁き、基本的にこの世界とそこで暮らす人々に対する憎悪を持っています。
 そのようなネガティブな心は、現実世界からの逃避や欲求不満から来るものだと思いますが、彼らは、信仰という理論武装によって、自らのネガティブを、自分たちのサークル外の人々との間に垣根を設けることによって正当化しているように見えます。
 私にしてみれば、“自分たちだけが神の恩寵によって救われる”と考えることや、“自分は特別な存在だ”と思うことこそがエゴであって、悪の根源だと思っています。簡単に言うと、「選民思想」があらゆる悪の出発点なのだと思います。
 “ごく普通の社会人として”普通の暮らしをし、本当の意味で幸せになることこそが“地球を変え、地球解放に結びつく”のです。
 これまで何度も、チャネリング関係の情報には出来るだけ近づかないようにアドバイスしてきました。なぜなら、それらの情報のほとんどが闇からのものであり、そうでなければ、闇と戦っているふりをして、実のところ闇と結託している「偽りの光」からの情報だからです。
 例えて言うと、闇はダーイシュ(ISIS)で、「偽りの光」は米国を中心とする有志連合です。実際には、両者は背後で協力関係にあり、シリアを破壊しようとしていました。
 これと同じことが、闇であるドラコニアン、レプティリアン、そしてカバールと、地球を解放するために闇と戦っているふりをしている宇宙人グループと、彼らに従うライトワーカーたちという構図です。
 記事の中でリンクが貼られており、これを開けてリンク先を見ると、かなり笑えます。この世界には、“自分には特別な使命がある”という妄想を持っている人たちがなんと多いことか!
 真実を言うと、これは全く逆で、自分はまったく特別な存在ではなく、どんな生命とも本質的に何も変わらないと本心で納得している者が、地球を卒業するのです。しかし、このような境地に至るには、まず、あなたが心から幸福だと感じられるようでなければなりません。なので、まず根本的なネガティブ、すなわち、「選民意識」を徹底的に排除することから始めてください。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
ご要望にお応えすべくブログ活動は続けることにします
引用元)
(前略)
私はこの地球は人間の放つネガティブエネルギーを食料として生きる闇の異星人とその配下の地球人カバールに支配され、地球人は彼らに操作されてネガティブエネルギーを発するようにされているとの想定を前提にしています。(ケースA)

しかし、そんな存在などいないという逆のケース(ケースB)も常に想定に入れてどちらに転んでも自分の人生が瓦解しないように両にらみで生きています。
(中略)
世俗社会はカバールの支配する闇の社会であってそこで世俗的仕事をするのは間違っているし、所帯を持って生活に縛られるのも闇の罠だとかいう理屈も成り立ちます。

(中略)…  こういう人たちはもし、ケースBだった場合は社会に背を向けて何の役にも立っていない単なる社会的廃人、カルト集団ということになるのです。
(中略)  
昨今のインディゴチルドレンブーム、ライトワーカーブームって80年代の戦士・天使ブームの延長だって分かってますか?

http://tiyu.to/n0703sp1.html

この記事を読んで自分が大丈夫かどうかもう一度再確認して欲しいんです。

いつの世も、自分が特別な存在だと思いたい人がわんさかいるんです。
(中略)  
日々、世のため人のため生ける生命のために、こういう全存在が喜びに満ちるよう、ポジティブな存在になれるよう、ごく普通の社会人として貢献すれば、ケースAであろうがケースBであろうが確実に地球に貢献できます。

こういう地道な努力が地球を変え、地球開放に結びついていくのです。
 
半額以下商品多数!社会貢献型サンプリングサイト【Otameshi】

このサイトは、いろいろな物が安く買えます。

 

ガス会社の乗り換えで、ガス料金が安くなります!

うちもこれでガス代が大幅に安くなったので、浮いたお金はお小遣いにしました。

戸建限定ですが、興味がある方は、取り敢えずクリックしてみましょう。

技能実習生という名目で外国人奴隷の増員を図ろうとしている安倍政権 ~それに関わる、官僚の典型的な天下り法人である「国際研修協力機構(JITCO)」や「管理団体」~

画像の出典: photo-ac
 
竹下雅敏氏からの情報です。
 技能実習生という名目で外国人奴隷の増員を図ろうとしている安倍政権ですが、これには、官僚の典型的な天下り法人である「国際研修協力機構(JITCO)」が関わっているとのことです。その「JITCO」は、複数の同業企業でつくる「管理団体」や受入れ企業から年会費を徴収することで、今年度の収支予算書では、17億3,300万円の収益を得ているとのことです。
 ツイートを見ていると、この「JITCO」だけではなく、「管理団体」も問題なようです。原口議員の真ん中のツイートに資料があり、そこに書かれていることを要約すると、“管理団体は収益を上げてはならない協同組合または公益法人のはずだが、法の抜け道を駆使してアンダーグラウンドバックマージンを受け取ったり、関連会社に業務委託させ収益を確保している。地方の協同組合が全国に技能実習生を紹介しています”と書かれています。
 収益を上げてはならないはずの管理団体が、ツイートを見る限り、犯罪組織のようなことをやっているように見えます。原口議員を始めとする野党議員には、徹底的にこの闇を暴いてもらいたいと思います。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
移民利権で私腹を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”
引用元)
(前略)
過酷な労働環境に置かれた外国人“奴隷”の増員を、歓迎するのは大企業ばかりかと思いきや、実は霞が関の役人たちも巨大な「移民」利権に舌なめずりしている。外国人労働者の受け入れ拡大で、恩恵にあずかろうとしているのは、法務、外務、労働(当時)など5省の共同所管で1991年に設立された公益財団法人「国際研修協力機構(JITCO)」だ。

 15日の野党ヒアリングで、法務省からの再就職者が2015年度からの3年間で計11人に上ることが判明。(中略)… 日刊ゲンダイの調べでは、計15人の役員のうち9人が省庁OBで、法務省の他に厚労省、外務省、経産省から再就職者がいることが分かった。典型的な天下り法人である。
(中略)
 JITCOに問い合わせると、「年会費は企業等の資本金等の規模に応じて1口当たりの金額が算出される」と返答。複数の同業企業でつくる「監理団体」から1口10万円、団体傘下の複数企業から1口5万~15万円を徴収し、それとは別に個別の企業からも1口10万~30万円を受け取っていると説明した。
(以下略)
 
半額以下商品多数!社会貢献型サンプリングサイト【Otameshi】

このサイトは、いろいろな物が安く買えます。

 

ガス会社の乗り換えで、ガス料金が安くなります!

うちもこれでガス代が大幅に安くなったので、浮いたお金はお小遣いにしました。

戸建限定ですが、興味がある方は、取り敢えずクリックしてみましょう。

トランプ大統領、ペンス副大統領と二人で大笑い

メルケル辞任表明、マクロン支持率低下、イギリスは閣僚大量辞職でメイの辞任危機と、ヨーロッパのカバールの退潮が進んでいます。一方、アメリカの政権内部の人間関係は、順調なようです。

 

「ペンス米副大統領、トランプ氏との不仲説を一蹴 『2人で大笑いした』」 (AFPBBニュース)

 

(写真:Peter Parks / AFP via Getty Images)

 

Q情報のまとめサイトのQMAPでも、ペンスさんは「愛国者」に分類されています。

 

https://qmap.pub/players?pg=2

 

主要メディアを代表に、外野は何とか仲違いしているイメージを作り出そうとして必死のようですが、結束は固いですね。

 

他にもボルトンさんとケリーさんが大喧嘩しただとか、最近ではケリーさんメラニアさんが不仲だなどと言って、大げさに書き立てていますが、どちらも単なるフェイクニュースでしょう。

 

ちなみにQMAPではボルトンさんもケリーさんも「愛国者」マークが付いていますね。

 

一概に、まとめサイトの情報を鵜呑みにはできませんが、主要メディア報道はあまりにもひどすぎるので、違う視点から見てみるのもいいかもしれません。そして、今、問題になっているCNN記者のジム・アコスタの態度もひどいですね。

 

自分たちこそが民衆の代表で、報道の自由を盾にとってなんでも許されると言わんばかりの態度にはあきれます。

 

選挙で選ばれているのは、一体どちらなんでしょうか?

 

CNNは明らかな証拠があるのにねつ造だと知らん顔をして、自分のやったことを謝罪もせずに、逆に裁判で不当性を訴えるとは神経を疑ってしまいます。これじゃあ東スポのほうが100兆倍ましです。(笑)

 

カバール陣営の必死さに比べて、余裕の同盟側に見えますが、あまり余裕をかましていないで、早く次の段階に進んでもらいたいものですね。(笑)

 

半額以下商品多数!社会貢献型サンプリングサイト【Otameshi】

このサイトは、いろいろな物が安く買えます。

 

ガス会社の乗り換えで、ガス料金が安くなります!

うちもこれでガス代が大幅に安くなったので、浮いたお金はお小遣いにしました。

戸建限定ですが、興味がある方は、取り敢えずクリックしてみましょう。

2018年11月17日のインテルアラート

今日は珍しくいつもの時間と違って、アメリカの朝にインテルアラートが書き込まれました。そして内容も、いつもとちょっと感じが違います。

いつもと違う、何かが起きているんでしょうか?




【インテルアラート:2018年11月17日】

今後の金融移行について知ることになった多くのCEOは、辞表を発表している。

企業は、新しい量子金融システム(QFS)に適応するように強制され、抵抗するだろう。

株式市場が崩壊すると同時に有効な「閃光弾」イベントが準備されている。

ヨーロッパ

https://edition.cnn.com/2018/11/17/uk/brexit-week-chaos-gbr-intl/index.html?no-st=1542457537

アジア

https://www.reuters.com/article/us-apec-summit-malaysia/u-s-china-divisions-take-center-stage-at-apec-summit-idUSKCN1NM009

北米

https://www.washingtonpost.com/blogs/plum-line/wp/2018/11/16/trumps-battle-to-destroy-the-mueller-investigation-is-officially-doomed/?noredirect=on&utm_term= f615ecd2ca4e

オーストラリア

https://www.reuters.com/article/us-apec-summit-port/u-s-joins-australian-plan-to-develop-new-pacific-naval-base-idUSKCN1NM06X

移行フェーズの1~2週間の内に、世界は完全に変わるだろう。

民間通貨償還イベント(RV)は、移行フェーズの最初に始まるだろう。

移行の日時については、不明、もしくは秘密のままである。



閃光弾とは、よく麻薬組織に警察が突入したりす時に爆発させ、ものすごい光と音で、部屋の中にいる人間を一時的に感覚マヒさせるあれです。

 

その昔には忍者も使っていましたね。使う相手に怪我をさせないで無力化するのが特徴です。

そして、リンク先の内容は、ヨーロッパはブレグジットに絡むイギリスの政情不安定について、北米はロシア疑惑ミュラーについて、アジアとオーストラリアはパプアニューギニアAPEC首脳会議がらみの南シナ海等の軍事問題のニュース記事です。

つまり、RVと同時に世界各地で、目くらましの政治イベントがあるという事を言いたいのでしょう。閃光弾を使う相手はもちろんカバールということですね。

それにしても、初めにも触れましたが、インテルアラートはいつもアメリカ時間の夕方から夜にかけて出てくるのですが、今回は朝でした。

しかも「閃光弾」と言っているリンク先の記事は、ここ2~3日中に起きる政治的なイベントです。

何か差し迫った感じがするので、ひょっとしたら週末にもRVが始まるかもしれないと思わせます。

でも最後に日時は不明と言われて、ちょっと肩透かしを食らってしまいました。(笑)


どうなんでしょう、日曜から月曜にかけていよいよ始まるんでしょうか。何かドキドキしますね。

 

半額以下商品多数!社会貢献型サンプリングサイト【Otameshi】

このサイトは、いろいろな物が安く買えます。

 

ガス会社の乗り換えで、ガス料金が安くなります!

うちもこれでガス代が大幅に安くなったので、浮いたお金はお小遣いにしました。

戸建限定ですが、興味がある方は、取り敢えずクリックしてみましょう。

カリフォルニアの山火事は、自然のものではなく兵器を使って人工的に発生させたもの ~人口の9割を削減しようとするNWOに基づいた行動計画 ―このような陰謀が成功する余地は無い~

画像の出典: photo-ac & pixabay [CC0]
 
竹下雅敏氏からの情報です。
 カリフォルニアの山火事ですが、やのっちさんが大変興味深い動画を上げています。これを見ると、いくつかの住宅のみがピンポイントで焼け落ちています。実に不思議な火事です。
 その下のツイートでは、車のアルミホイールが溶けた写真が出てきますが、実は、この画像はその下に取り上げたYouTube動画の10分58秒の所に出てくるものと同一です。この動画は2017年10月に公開されているので、去年のカリフォルニアの森林火災の時のもののようです。
 この動画の6分25秒~7分25秒の所をご覧ください。上空からレーザー照射されたと思われる映像が映っています。
 また2分30秒~3分20秒辺りまでを見ていただくと、カリフォルニアの火災が尋常でないのがよくわかります。通常の火災なら、家屋の骨組みなどは残るのが普通です。しかし、去年も今年も、家が丸ごと消えているような燃え方をしています。
 ツイートでは、“森林火災では、車のスティールホイールやアルミホイールは溶けない”と書かれていますが、確かに、アルミニウムの融点は660℃であり、鉄は1,536℃です。一般の森林火災は“おおむね100℃から600℃であり、800℃を超える観測例はまれである”とのことです。
 ジム・ストーン氏も、今回の山火事は、地元住民の証言などから、自然のものではなく兵器を使って人工的に発生させたものと見ているようです。
 昨日取り上げた記事で、この山火事がアジェンダ21に沿うものではないかという見解を紹介しました。アジェンダ21とは、簡単に言えば、人口の9割を削減しようとするNWOに基づいた行動計画です。これが、2016年のトランプ大統領の誕生で、上手く行かなくなったわけです。フルフォード氏の情報などを見ると、このような陰謀が成功する余地は無いと考えられます。
 記事の中で引用されている動画の30秒辺りをご覧ください。アメリカ合衆国の奇妙な地図が出てきます。地図の赤い部分は居住禁止区域のようです。どうやら、人々を一部の巨大な都市に集めて、完全管理する世界を夢見ていたようです。完全管理するには、今の人口では多過ぎるというわけです。
 こうした観点で見ると、GMO食品や有害ワクチンやケムトレイルなど、彼らのやっていることには一貫性があることが、よくわかります。
(竹下雅敏)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。

————————————————————————
 
————————————————————————
The HORRIBLE TRUTH About The Northern California Fires
配信元)
 
————————————————————————
ジム・ストーン氏:カリフォルニアの山火事は気象兵器によるもの
引用元)
(前略)
http://beforeitsnews.com/alternative/2017/10/california-fires-were-not-wild-they-were-engineered-jim-stone-3562391.html
(概要)
10月13日付け
(中略)
カリフォルニアの山火事は自然発生ではありません。人工的に発生させたものです。 ジム・ストーン(フリーランス・ジャーナリスト)より
(中略)
調査した結果、この山火事は自然に発生したのではなく大気中で作動する兵器を使って人工的に発生させたものだということが分かりました。
(中略)
山火事が発生した時の地元住民の証言:
1.身体に負荷がかかり動悸がした。
2.真っ青な空で 雷の音を発しない稲妻を目撃した。また周辺で多くの小さな火花が散った。
3.山火事が発生する直前に住民らの家の電子機器が故障した。またホテルの電子機器(風のない晴天の日に突然火事が発生した。付近のホテルの部屋の電子ドアが開かず、宿泊客は窓から外に逃げた。)が全て同時に故障した。
(中略)
66ヵ所もの場所で同時に山火事が突然発生し炎が急速に燃え広がって行ったのですから自然現象のはずがありません。しかもその日は風は殆ど吹いていなかったのに、引火と同時に突然、強風が吹いたのです。さらに周辺ではいくつもの青い火花が散っていました。
(以下略)
  
————————————————————————
アジェンダ21】2030年までに人口の95%が削減される!すでに“大選別”は開始されている!?
引用元)
(前略)
一説では人口削減についての国際社会のガイドラインになっているといわれているのが、1992年6月にリオ・デ・ジャネイロで開催された地球サミットで採択されたアジェンダ21である。
(中略)

Agenda 21, in under 5 minutes 動画は「PisstoffAmerican」より
(中略)
■「人類は5億人以下を維持」
(中略)
米・ジョージア州エルバート郡某所に1980年に建てられた謎のモニュメントである「ジョージア・ガイドストーン」は(中略)… 8カ国(英語、スペイン語スワヒリ語ヒンディー語ヘブライ語アラビア語、中国語、ロシア語)の言語でそれぞれ「10のガイドライン」が刻まれている。

ジョージア・ガイドストーン」 画像は「Wikipedia」より

(中略)
聖書的には「最後の審判」、スピリチュアル的には「アセンション」で人類が選別されるという手はずになっているのだが、終末の日を待たずとも(中略)… ドキュメンタリー映画『The Great Culling: The Truth About Our Water』(大選別:水道水の真実)などによれば、すでに我々が日々口にしている水道水や食物、医薬品にはじまり今こうして呼吸している空気までもが有害な化学物質にまみれているという。これこそがすでにはじまっている“大選別”で(中略)… このきわめてシビアな状況をサバイブできるのはこの“現実”を知り十分な対策をとっているエリート層と、これらの化学物質への耐性を遺伝子レベルで獲得した人々である。そしてこれらの人々の総計が“5億人”なのだ。
(以下略)

 

半額以下商品多数!社会貢献型サンプリングサイト【Otameshi】

このサイトは、いろいろな物が安く買えます。

 

ガス会社の乗り換えで、ガス料金が安くなります!

うちもこれでガス代が大幅に安くなったので、浮いたお金はお小遣いにしました。

戸建限定ですが、興味がある方は、取り敢えずクリックしてみましょう。