希野正幸のインフォブログ

興味を持った情報を選んで発信しています。

2019年7月15日のインテルアラート

アメリカの情報サイト「インテル」から2019年7月15日のインテルアラートをお届けします。

 

 

【インテルアラート:2019年7月15日】


地球同盟は現在、ディープステート/カバールの人身売買をすべて排除することに焦点を当てている。

ニューヨークの停電は、ジェフリー・エプスタインを暗殺しようとして失敗した、ディープステート/カバールの陽動作戦だった。

停電はニューヨークの1977年の停電の(42年前と)同じ日に起きた。(偶然?)

ジェフリー・エプスタインは、人身売買スキャンダルに関与した人々の名前の提供に協力することを同意したため、現在、ディープステート/カバールの主要ターゲットとなっている。

Qは、ニューヨークを見ろ、と言った。

来るべきICE(訳注:アメリカ合衆国移民・関税執行局)による不法移民の検挙は、MS-13(訳注:アメリカ最大のギャング団)によって運営されている全国の人身売買網を破壊する、おとり作戦としての役割を果たすだろう。

MS-13は、ディープステート/カバールの人身売買活動の実行部隊として使われている。

高レベルカバールの打倒(42)が起きようとしている。(42とは誰?)

ビルクリントンは第42代大統領だった。

また、ヒラリークリントンは、起訴につながる可能性があるICEから逃れるために、違法移民問題を支援していると批判されている。

https://operationdisclosure1.blogspot.com/2019/07/hillary-clinton-criticized-for-aiding.html

一方、トランプは、金本位制の復活を象徴する、金のネクタイを着けているのを目撃された。

新しい量子金融システム(QFS)への移行が、8月に起きることが予想されるので、情報源はいまだRVが今月のどこかで始まると信じている。

RVはあらゆる世界規模の大きな経済変化の前に発生しなければならない。

地球同盟は、9月までにディープステート/カバールを完全に排除すると予想している。

 

 

ニューヨークの停電は、場所と言いタイミングと言い、あまりにも怪しい匂いがプンプンしていました。

 

一説にはエプスタインのグアンタナモへの移送を隠すために、同盟が起こしたという予測もされていましたが、アラートによるとエプスタインの暗殺未遂だったということです。

 

さらにここにきて、いよいよトランプさんの予告通り不法移民の一斉検挙が行われたようです。

 

これもアラートではMS-13の人身売買網を壊滅するための陽動作戦ということです。

 

悪名高きギャング団のMS-13は、オバマ・マケインが作って資金提供を行い、アメリカを政情不安に陥れるために麻薬の密輸入を行っていたとも言われていますが、人身売買もやっていたということです。

 

カバールの悪の構造の破壊が次々と進んでいるようです。

 

そして気になるRVの開始時期ですが、前々から、RVを始めようとするたびに、脇からカバールの横やりがはいって、資金を全部横取りされた結果、開始できなくなってしまったことが何回もあったといわれています。

 

やはりカバールを退治しないとRVが始められないということのようです。

 

不法移民の一斉検挙を皮切りに、残ったカバールの退治が進めば、よりRVの開始に近づくことになりそうです。

 

大物の逮捕(クリントン?)もありそうな感じです。

 

今週からいよいよ大量逮捕が始まるかもしれません。楽しみです。

ドイツ銀行とEU経済の崩壊

ドイツのGDP2兆7000億ユーロに対して、破たん寸前のドイツ銀行デリバティブ残高は7500兆円ですと。星の数よりも多いのではないかと思ってしまいます。
いかに現在の金融システムが宇宙規模の詐欺であるかが分かります。
銀行は金貸しだけをやっていればよかったのです。
一方、株式市場も、中央銀行が株を大量買いしたり、企業が自社株を買い戻して株価を上げているのですから、マジッシャンに騙されているようなものです。
今年の10月ころにドイツ+中国辺りで大噴火が起こり、EUや米国を火山灰が多い、日本では10月に消費増税もあるのでしょうから、火山灰とダブルパンチでめちゃくちゃになり日本経済もかなり悪化するのでしょうね。

ドイツ銀行EU経済の崩壊>
https://www.investmentwatchblog.com/eu-economy-set-to-fall-go-boing/
(概要)
7月8日付け

 

 (一部)
米国、EUドイツ銀行について:
ドイツ銀行が崩れるとドイツ銀行と繋がりのある他の銀行も全て崩れます。
ドイツ銀行の6部門が全て赤字です。
20年間ドイツ銀行に務めた投資銀行部門責任者、ガース・リッチー氏が辞任しましたが、ドイツ銀行の巨大ヘッジファンドルネッサンス・テクノロジーであると豪語していました。しかしルネッサンス・テクノロジーも投資ができなくなっています。

ドイツ銀行は12万人の被雇用者を抱えていますが、彼等は数ヵ月前から密かにドイツ銀行の口座から預金を引出し世界中の銀行に預けています。
バンク・オブ・アメリカにまでお金を預けているケースもありますが、これはかなり危険です。バンク・オブ・アメリカは米政府に支援されている銀行ですから、米政府の支援が止まればこの銀行は破たんします。

現在、ドイツ銀行は売れるモノは何でも売っています。事務用品まで売っているのでしょう。
しかもは正常債権だけでなく不良債権(焦げ付きローン)まで売っています。どうやれば不良債権が売れるのでしょうか。

米国では不良債権が発生すると、米政府が公的資金不良債権化した債券を買い取って銀行を救済していますが、政府に救済された銀行は債務者を追求します。このやり方は違法行為です。米国の銀行システムは全て違法なのです。債権者も債務者を追求しますが、これも違法行為です。
ヨーロッパではどのような方法がとられているのかは分かりませんが、焦げ付きローンまで売ることは違法行為(詐欺)です。このようなことをしている目的はヨーロッパの金融市場を破壊するためと言わざるを得ません。

EU諸国(EU法人)はアメリカ合衆国法人が所有していますから、ユーロが崩壊すれば2週間後にドルも崩壊します。その時、ドルの価値は3分の1に引き下げられるでしょう。
一方、他の国々の通貨は引き上げられ、借金が減ります。従って、ユーロとドルの暴落は世界経済にとっては良いことなのです。世界経済のために米国が仕掛けられることになり、トランプがその役割を果たすでしょう。

ドイツ銀行は、ルネッサンス・テクノロジーの「お蔭」で、赤字続きの投資部門のスタッフの5割をリストラします。ゼロ或はマイナス金利の中で、お金を貸している預金者がお金を支払うことになります。
マイナス金利で投資するなんてどんなバカなのでしょうか。
ドイツ銀行は投資部門を合併しようとしましたがうまくいきませんでした。彼等は全てをやり直す計画を立てています。

ドイツ経済は好調であると言われてきましたが、ドイツでは2年前にマーシャル・マネー?(参考:マーシャルのK:一国の経済活動を表すGDPにとって、マネーサプライが適正水準にあるかどうかを判断するための指標)を打ち切りました。それ以降ドイツ経済は停滞し続けています。

米国民の税金がドイツに投入され続けていますが、これがなくなればドイツ経済(社会主義ナチス経済)は完全に崩壊します。ドイツ経済が崩壊しドルが崩壊するとどうなるのでしょう。どうやってドイツ銀行とドイツ経済を再構築するのか見てみましょう。

ドイツ銀行が破たんすれば世界の金融システムが激変します。彼等がどれほどマネーロンダリングをしていたのか、誰も分かっていません。
そしてFRBドイツ銀行に罰金を科せばドイツ銀行は終わります。FRBドイツ銀行の口座を凍結すれば、ドイツ銀行は一文無しになりますから、CEOにも報酬を支払えなくなります。そうなればドイツ銀行は終わります。
悪事を繰り返してきたドイツ銀行に天罰が下ったのでしょう。辞任することになるCEOは悪魔崇拝者ですから。
EUを支えてきた世界最強のドイツ銀行が破たんする可能性があるのです。

 
以下省略

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
デリバティブ破綻から始まる世界恐慌ドイツ銀行中国経済リーマンショック)>  
https://www.youtube.com/watch?v=AceK4rsz6hY

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<7500兆のデリバティブ残高を持つドイツ銀行
https://ameblo.jp/bokeneko22/entry-12483089364.html
(転載)

ドイツ銀行」破綻危機

” 7500兆円のデリバティブ(CDS)問題” 

をわかりやすく説明。

 

トルコリラショック、

ギリシャ経済危機、

アルゼンチン通貨危機とは!?

 

ドイツ銀行が経営破綻しただけで、

全世界の金融機関や

大企業、国に至るまで

連鎖的にヤバくなるその理由とは?

CDSの危機とは?

 

なぜ、あなたも、ドイツ銀行問題を知っておかないと危険なのか!?

 

7500兆円の問題を抱えている

デリバティブCDSの危機、

そして世界経済のやばい裏話(?)まで、

わかりやすく説明します。

 

ドイツ銀行 7500兆円問題とは?

 

そもそも、ドイツ銀行ってどんな銀行なのか?

これは、ドイツにある民間の銀行になります。

三菱UFJ とか三井住友銀行みたいな銀行と

一緒の一般の民間銀行です。

 

つまりドイツ銀行(ドイツぎんこう、Deutsche Bank)は、

フランクフルト・アム・マインに本店を置くドイツのメガバンク

 

2009年まではコメルツ銀行・ドレスナー銀行とともに

「ドイツ三大銀行」と呼ばれました。

 ドイツ連銀である中央銀行、通称「ブンデスバンク」とは別です。

 2年前でいうと、世界の為替の約16%を扱っている、

世界的に見てもトップクラスの超巨大な大手銀行となります。

 

ドイツ銀行が、実は経営破綻しそうで、かなり危ういんじゃないか、

というのがだんだん表立ってきたのが2年前くらいからでしょうか。

 ドイツ銀行が持つ資産とか金融商品の規模とから考えた時に、

ドイツ銀行がもしや経営破綻したときの影響力っていうのは

 なんとリーマンショックの約100倍と試算されているわけです。

 

では、何が問題かというと、

ドイツ銀行っていうのはいわゆる金融派生商品

つまりデリバティブっていうのを大量に持っている銀行です。

 簡単にいうと、金融工学の世界では、ノーベル賞クラスの天才たちが

すごく複雑な計算式に基づいて作った商品です。

 でもしょせん、数字のトリックだとも言われてますね。

 

警告!!ドイツ銀行問題とは?知らないと超ヤバい、

リーマンショックの100倍規模の「世界経済破綻」の元になる!?

 リーマンショックの約100倍規模の「経営破綻」が、現実に迫っている!?

 ドイツ銀行のもう一つのメイン商品として売られているんですが。。。

 そもそもドイツのGDP が約4兆ドルなんですね。

 4兆ドルとはすごくざっくり約400兆円です。

 今ドイツ銀行が持っている「デリバティブ商品」を合計すると

約75兆ドルなんですね。

 つまり7500兆円。

 ドイツっていう国の1年分GDPがたった4兆ドル。

 だいたい19倍のデリバティブ商品を、

たった一つの民間銀行が持っていることになります。

 いろいろな銀行がデリバティブを持っていますが、

一つの銀行の規模では最大です。

 

日本の国家予算と比べると、75年分を持っていることになります。

 リーマンショックの時で世界から消えたお金が約80兆円って言われるんですね。

 もちろん何かあった時に、

その7500兆円が全部消えるわけではないですよ。

 その一部分がだめになるわけですが、

その10%だけでも750兆円になるわけです。

 

二度と味わいたくないが、、

かつての「リーマンショック」を簡単に説明します。

 こういった国策がさらに市場を崩壊させる

 「米保険大手AIGは、なぜ政府によって救済されたか」

 米国保険最大手のAIGアメリカン・インターナショナル・グループ)の

国有化とFRB(米連邦準備理事会)による850億ドルもの資金供給が、

16日(現地時間)に決まった。

証券大手リーマン・ブラザーズ破綻に次ぐ、米国発金融危機の焦点と
なっていたAIGの救済により、米政府は危機回避を狙う。

 公的救済を受けられず破綻したリーマンとは異なる対応となった。

 

過去のルールは、モラルハザードとの批判を避ける意味で、

元本が保護される預金取り扱い金融機関のみを救う、というものだった。

 それが3月の米証券大手ベアー・スターンズで、

証券会社救済にまで広がったのは、クレジット・デリバティブの市場で
金融機関やヘッジファンドの取引の相手方になっていたためだ。

 

これに対して、リーマン・ブラザーズはこの間、

クレジット・デリバティブの取引の相手としては、

ポジションが小さくなっていたようである。

 

https://toyokeizai.net/articles/-/1986

 

人類の歴史上、最大で最悪の問題とも言われる、

ドイツ銀行CDSのその「中身」とは? 何が本当にヤバいのか?

 マスコミが報道しない、ギリシャ危機の「本当の真実」とは?

 ではドイツ銀行はどれくらいやばいのか、というと、
ドイツ銀行は、ギリシャCDSというものを扱っています

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちらでは分かりやすく解説してくださっています。
https://www.youtube.com/watch?v=AceK4rsz6hY

2019年7月12日のインテルアラート

アメリカの情報サイト「インテル」から2019年7月12日のインテルアラートをお届けします。

 

 

【インテルアラート:2019年7月12日】


地球同盟の情報源は、チャイナレイク海軍基地のケムトレイル噴霧用の航空機は地震で破壊されたと報告している。

また他にも、10億ドル相当のコカインを積んだ、JPモルガン所有の船が米国税関に押収されたというニュースがある。

https://markets.businessinsider.com/news/stocks/cocaine-ship-jpmorgan-owns-vessel-seized-by-us-cbp-2019-7-1028340025

皮肉なことに、これは二コラ・テスラの誕生日(7月10日)の直前に起こった。

一方、指向性エネルギー兵器(DEW)のような技術が、徐々に人々に開示されてきている。

https://www.blacklistednews.com/article/73744/us-navy-and-lockheed-martin-officially-introduce-directed-energy-weapons-into.html

この記事は、指向性エネルギー兵器で攻撃されたと報告されている、ロシアの実験潜水艦が沈没した直後に発表された(偶然?)。

一般に開示されているテクノロジーは、すでに数十年先を見越している。

地球外生物との交流に関する開示も、まもなく起こると予想される。

情報源によると、共和国の復興(アメリカ合衆国の)は2019年9月までに完了する予定だ。

量子金融システム(QFS)への移行もまた、2019年8月までに予定されており、RVはそれ以前の開始が予想される。

 

 

ドイツ銀行の危機や、株式市場の暴落の話がある中で、ここ数日、NYダウが史上最高値を連日更新しています。

 

これが経済が好調という証しなのか、破綻直前の狂乱株価なのか、結果からしか判断できません。

 

しかし、実際の経済状況をみると、株価が史上最高値を更新するような好景気とは、お世辞にも言えません。

 

そういう目で株価のグラフを見てみると、去年の10月の、史上最大と言われた株価暴落の直前の状況によく似ているようにも見えてきます。

 

ドイツ銀行が破綻すると、その影響はリーマンショックと比較にならないくらい大きいとも言われています。

 

最近発表されたドイツ銀行の大リストラや、アラートで繰り返し出てくる裏情報を総合すると、経済危機が間近に迫ってきている、怪しい雲行きの只中にあるという気もしてきます。

 

そして、今日のアラートでは7月中に移行が完了すると言っています。

 

時期についてはあてにできないということはわかっていても、やはり期待してしまいますよね。

 

個人的には、今の株価はもって1週間という気がします。さてどうなるでしょう。

2019年7月10日のインテルアラート

アメリカの情報サイト「インテル」から2019年7月10日のインテルアラートをお届けします。

 

 

【インテルアラート:2019年7月10日】


3つのディープステート/カバールの権力のオベリスク(訳注:象徴)が、すべて地球同盟によって獲得された。

教皇プーチン大統領との最近の会合で、権力の最後のオベリスク(宗教)を明け渡した。



7月4日、他の2つの権力のオベリスク(金融と軍事)は、ブレグジットトランプ大統領の祝祭によってアメリカに返還された。

一方、先頃起きた、ロシアの秘密潜水艦事件について、より多くの情報が浮上した。

https://www.msn.com/en-ca/news/world/dead-sailors-stopped-a-planetary-catastrophe-aboard-a-secret-submarine-a-top-russian-naval-officer-said-at-their-funeral/ar-AAE1S01?li=AAggNb9

ロシアの海軍士官によると、潜水艦の船員は「惑星の破滅」を防ぐために命を犠牲にした。

どのような種類の「惑星の破滅」なのか、という詳細ついては現在、不明である。

また最近のニュースによると、ジェフリー・エプスタインは最小限の判決と引き換えに、このスキャンダルに関与した人々の名前を白状しても構わないという意向である。

ジェフリー・エプスタインは、ディープステート/カバールの、主要なターゲットとしてマークされた。

情報源によると、旧金融システムは2019年8月までに終了し、新しい量子金融システム(QFS)に置き換えられる予定だ。

バスケット通貨の償還は2019年8月までに開始すると予想される。

 

 

 

潜水艦事件は少しずつ情報が出てきているようです。ディスクロージャー後には最終に真実が明らかになるのでしょうか。

 

そうなれば、今現在出てきている情報を総合すると、ロシア海軍の亡くなった14名の軍人は、カバールから地球を救った英雄ということになります。そんな日が早く来るといいですね。

 

ロリータアイランドの運営者のエプスタインが、司法取引を要求しているみたいです。

 

まあ、仮釈放なしの500年の終身刑が、200年に減刑されるレベルですね、きっと。(笑)

 

いや、それでも人類の寿命が延びたら出てきてしまいます。もし仮にそういう時代になっても、こういう人には若返りを認めないようにすべきということでしょう。

 

インテルアラート以外にも、7月中にいろいろなことが起きて、8月には世界が変わるという話が出てきてはいます。

 

本当にそうなるのであれば嬉しい限りですが、今のところは話半分に聞いておくしかありません。(笑)

 

でも、エプスタインの逮捕で、世の中がカバールの悪事の全暴露に、確実に近づいてきた感じがします。

 

このままいけば、いつかは実現するという期待は持てそうです。

 

辛抱強く待ってみましょう。(笑)

2019/07/09(火)祝報 カバールに対する勝利記念日

本当ならうれしい記事を見つけましたので、掲載します。

 

転載開始

 

今日は様々な情報が来ました。

個人的には落ち着いた日だったのですが、複数決定的な情報が流れてきて、

本日2019年7月8日がカバールに対する勝利記念日となりました。

先ほど更新されたフルフォードレポートです。

 

 

ワシントン、ロンドン、ローマの3大オベリスクがすべて倒れる大勝利
Benjamin Fulford Weekly Reports
国防総省やその他の情報筋によると、先週、ハザリアン・マフィアが西側勢力の3つの中心地であるワシントンD.C.、ロンドン、ローマの支配を失ったことで、人類にとって大きな勝利があった。これらの各首都にはオベリスクがあり、軍事力、財政力、宗教力をさまざまに象徴している。

「7月4日、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がローマ教皇に謁見し、ボリス・ジョンソンが非公開のブレクジットで首相に就任し、トランプ氏はアメリカのディープステートからの独立を宣言し、世界権力の三つのオベリスクを白旗で制した。」と、

ペンタゴンの情報筋はこの状況を要約している。

 

これは、西側の内乱がほとんど終わったことを意味する。現在、統一された西側諸国は、世界の他の国々、特にアジアと、地球の運営方法を改善する方法について交渉することになるだろう、と複数の情報源が同意している。もちろん、これには時間がかかるので、今のところ突然の劇的な発表は期待できないと情報筋は警告している。

宣戦布告されていない西洋の内戦でこの勝利を導いた戦いは、一見無関係に見えるさまざまなニュースイベントの形でニュースで見られた。その中には、ロシア潜水艦の沈没、米海軍基地での地震小児性愛者ジェフリー・エプスタインの逮捕などが含まれていた。

----------------------------------------------------------------

”イベント-地球アライアンス簡易説明-7/7ゲートウェイ!マイケルラブさんより”

https://ameblo.jp/bokeneko22/entry-12491756210.html

 

以上の情報をもって本日が人類が決定的にカバールに勝利した日、ターニングポイントとして

記念します。個人的には荷が下りました。これからもっと色々表沙汰になり、私の家族も含む

日本の大衆も知ることになると思います。1個前の投稿でエンジェルナンバー99999が出たので、これからも私は使命として精力的に活動しなければならないようです。気を持ち直して頑張ります。

 

ありがとうございました。

 

転載終了

2019年7月5日の一連の先端技術特許申請の放棄は何を意味するのか?

  先端テクノロジーの部分的な開示が始まる!? (^_^)v

 



 
Cosmic Guerrilla
2019年7月6日
 
7月5日の一連の先端技術特許申請の放棄は何を意味するのか?


2019年7月4日の合衆国独立記念日に期待されてた大きなイベントが不発に終わり、コミュニティにうっすらと失望感が広がる中、翌日の5日、先端技術の特許申請状況に興味深い動きが見られた。
 
まずは先ごろ報じられた米海軍による三角形の飛行船(慣性質量低減装置を搭載した飛行船)の特許の出願状況がActive(有効)になり、申請日の20年後である2036年9月28日が満了日として表示された。これは特許が正式に取得されたことを意味するのだろう。
 
そして奇妙なのは、同じ5日にJohn St. Clairという発明家による信じがたい様々な先端技術に関する複数の特許申請が放棄されたということである。
 

 
 

 
 
 
 
 

 

ジョーダン・セイサーはtwitter上でこの件に関して、「John St. Clairは仮名であり、一民間人だ。これは公式なディスクロージャーではない」と断った上で、次のようにコメントしている。
 

訳:この特許申請をした人物はとても優秀な科学者で、単にこの情報を公知させようとしているにすぎない。私はこの人物が誰なのか知っているが、名前は公表しない。
 
公開されていた特許申請が放棄された場合、同様のアイデアの出願が特許化できる状況になったことを意味する。単にそれが海軍のトライアングル型機の特許が有効になったのと、John St. Clairのトライアングル型機の特許申請が放棄されたのが同じ日付であった理由だろうか?
 
John St. Clairの特許申請は2006年の公開以降、人々の注目を集め、その正体が議論されてきたようだ。(記事1記事2記事3)その中にはJohn St. Clairの従兄弟だというDavid St. Clairという人物の書き込みも見られる。また、St. Clairという名字とテンプル騎士団のつながりを指摘する声もあるが、いずれも確実な情報ではない。
 

トランプ大統領が就任直後に、国家安全保障の名目で差し押さえられている約5000件の特許申請のうち、先端医療技術やフリーエネルギーに関する1000の特許の公開を命じたことが、過去にコーリー・グッドによって報じられている。今回の動きは今後の公式な先端技術のディスクロージャーを予感させる一つの兆候とも思える、興味深い出来事である。


 「公開されていた特許申請が放棄された場合、同様のアイデアの出願が特許化できる状況になったことを意味する。単にそれが海軍のトライアングル型機の特許が有効になったのと、John St. Clairのトライアングル型機の特許申請が放棄されたのが同じ日付であった理由だろうか?」

確かに疑問ですね。

「今回の動きは今後の公式な先端技術のディスクロージャーを予感させる一つの兆候とも思える、興味深い出来事である」
 
もし、この「先端技術」情報がSSP(秘密宇宙プログラム)からであれば間違いなくフルディスクロージャーへ繋がる動きでしょうね。
 
因みに「先端」と「先進」の違いは何でしょうか。
 
「先端」は研究段階のテクノロジーですが、行政的に意味をもたない私的な造語であり、人々の役に立つと言うより、私的な研究の業績、金儲け的な感じで、「先進」は、一応は行政上でも認められている用語であり、将来的に有望な成果を上げられるテクノロジーと見做されます。
 

2019/07/08(月)ドイツ銀行間もなく破綻。世界経済の終わりが来る。

重大情報
ドイツ銀行 あす破綻か」

地球同盟は明日、ドイツ銀行が破綻するようになることを仕掛けるようです。ドイツなので欧州時間の4時か5時を狙って来るのか?NY時間の夜の9時か?こうゆう時って日本は蚊帳の外なので日本のマーケットは
静かかもね 大量逮捕も大物狙いに出て来てますので週明けは目が話せないかな?


「もし、ドイツ銀行破綻が現実になったら」

→世界中の金融機関が破綻しますので、預金はすべて没収になります。
日本の場合、ドイツの間に時差がありますので、お昼ぐらいまでにすべて預金は下せるでしょう。
ただ、日本政府も含め各国政府も存続できるかもわからないので、お金もすべて紙切れになります。預金を下ろしても一時的な気休めにしかならないでしょう。
食料、飲料水を確保してください。電気も水道もSTOPする可能性があります。


☆investorz.club
ドイツ銀行 あなたも知らないと、超ヤバい、、 リーマンショックの100倍規模の経営破綻!? 市場予測・2
https://www.youtube.com/watch?v=-q4HlAv3fcY

あなたも、知っておかないと、かなりヤバいです、、 ドイツ銀行問題とは?
リーマンショックの約100倍規模の「経営破綻」が、現実に迫っています、、 神王リョウの市場予測の第2話では、
7500兆円の問題を抱えている、ドイツ銀行についてご紹介します。 間違いなく、世界経済を壊滅させる、1つ目の超・巨大爆弾です、、


☆@hoshiga41491963
ドイツ銀行赤字1000兆とか。一体どうした。英国シティーのFX取引に引っかけられたとか?メルケルさん続行不能では。
ドイツ銀の大口顧客ルネサンスが資金引き出し、取引移す-関係者
https://www.msn.com/ja-jp/money/news/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E9%8A%80%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%8F%A3%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%8C%E8%B3%87%E9%87%91%E5%BC%95%E3%81%8D%E5%87%BA%E3%81%97%E3%80%81%E5%8F%96%E5%BC%95%E7%A7%BB%E3%81%99%EF%BC%8D%E9%96%A2%E4%BF%82%E8%80%85/ar-AADUnW3?ocid=st


☆さらに破綻リスクが高まるドイツ銀行 iforex.jpn.com/news/%E3%81%95…
ドイツ銀行CDSを大量に発行して売っており、それがドイツ銀行にとって爆弾になると見られている。例えばギリシャ国債CDSも売っているが、ギリシャ国債がデフォルトしたらドイツ銀行は買い手に多額のお金を支払わなくてはならない。


ドイツ銀行ショックが起こるかも。。。 / ドイツ銀の大口顧客ルネサンスが資金引き出し、取引移す-関係者 (Bloomberg.com) #NewsPicks


ドイツ銀行のリテール部門のヘッド、CEOが日曜日に発表する再編案に反対で、辞職。別の報道では、バッドバンクに移管する資産を当初予定の500億ではなく800億ユーロになる。かなり大胆なリストラで復活を図る模様だが、人員削減では国外はお金で片が付くが、国内は難航する


ドイツ銀行の大口顧客である大手ヘッジファンドルネサンス・テクノロジーズは過去数カ月間に口座から資金を一部引き出していた。英バークレイズやバンク・オブ・アメリカといった他行にも取引を移しています。仮にドイツ銀行が破綻したとしても、ドイツ政府がそれを補填することが出来ない金額です。