希野正幸のインフォブログ

興味を持った情報を選んで発信しています。

2019/01/13(日)貨幣崩壊最新情報

ネットで見かけた記事からの転載です。

 

転載開始

 

一部前の日記のコメントとダブりますが、貨幣リセット(RV)に向かう世界情勢をお伝えします。これらの情報を自分で分析してこれからの方向を見出してください。もはや貨幣崩壊は避けられないものになってます。お金が無くなる時が近づいております。

Qanon 空が落ちて来る週に備えろ。 コメント:水、食料、日用品、現金の準備はバッチリですか?

米国カバールの異変が続く トランプの宿敵ローゼンスタインがついに辞任
司法副長官ロッド・ローゼンスタインは、特別検察官ロバート・ミュラーロシア疑惑捜査に対する司法省での最も顕著な保護者であり、頻繁にトランプ大統領の怒りの対象であったが
https://ameblo.jp/former-spiritual-light/entry-12431915248.html
@ameba_officialさん
Intel: Restored Republic 1/10 1/9 来たる経済崩壊に向けてRVの準備が完了した。 1/15
Brexitの最終投票が行われる。 1/22~25 ダボス会議。 1/25 軍事裁判が始まる。
金相場が急騰するとか、株が怪しくなり始めるとか、空気が淀んできました。
https://inteldinarchronicles.blogspot.com/2019/01/restored-republic-via-gcr-update-as-of_10.html?m=1

トランプ氏、ダボス会議欠席も
複数の米政権高官が同紙に語ったところでは、メキシコ国境の壁建設費の予算計上をめぐる民主党との対立が22日までに解決し、政府機関が再開された場合、トランプ氏は現地に12時間だけ滞在する強行日程でダボス会議に参加する

☆トランプは今の最大の政策課題は壁だと言っている。要するに壁は口実で、911に始まるテロ戦争を終わりにして軍を帰国させて本土防衛に当たらせる一大戦略転換。911は偽装事件だからテロ戦争の終わりと同時に偽装も暴露し、イスラエル、サウジもろとも戦争屋を葬る。もちろん海外の戦争屋も。

藤原直哉アナリスト ・9.11は戦争屋の偽装事件 ・トランプはテロ戦争の終結と戦争屋の正体を発表
・戦争屋はイスラエルサウジアラビアおよび日本含む主要国にも組織 ・CIA、米国民主党など深く関与 ・米国本土防衛のため米軍帰還
・非常事態宣言で戦争犯罪、金融詐欺、麻薬密輸、人身売買など説明

Intel: Operation Disclosure 1/9

地球同盟は遅れ無しに移行を推進。GESARAの順守を拒否するくには取り残される。アメリカは移行準備中故に政府閉鎖。壁は単なる公式の話。FRBは消滅。Brexitでロンドンから国際金融資本は撤退
カバールは2つの大損失。RVは間も無く開始。 inteldinarchronicles.blogspot.com/2019/01/operat…


もはやドロ船。中国から米はおろか自国企業も逃げ出し始めた
https://www.mag2.com/p/news/382117

パリ市民による政治活動「黄色いベスト」が今週の土曜日に銀行の取り付け騒ぎを計画中銀行などの金融機関から全ての預金を引き出すことを支援者に呼びかけている。
メンバーの一人「非暴力かつ法的な威嚇。政治家にとって最悪の日になるだろう」

黄色いベスト運動が取り付け騒ぎを起こす?

※情報源
https://www.investmentwatchblog.com/yellow-vests-suggest-bank-run/

以下は、抜粋
Tom Luongo氏によれば、フランス政府(フィリッペ首相を中心に)は、警察の取り締まりを強化することで黄色いベスト運動の参加者らに対する独裁的処置を強めています。

フランス政府による黄色いベスト運動の取り締まり強化は、EUの新法(ネット上の言論の自由報道の自由を取り締まる法律・・・ネット上でEU指導者らに異を唱える行為を禁止する)と全く同じ対応です。

黄色いベスト運動の参加者らがフランス銀行と国会を狙って抗議活動を行った後、暫くの間どこかに身を隠していたマクロン大統領が再び国民の前に姿を現し、黄色いベスト運動に対する取り締まりをさらに強化すると発表しました。しかしマクロンはそのようなことを実行に移すことなどできません。なぜなら、取り締まりをさらに強化すれば抗議者らはさらに激しく反発するからです。そのため、フィリッペ首相がマクロンの代わりに悪者役になり取り締まり強化を実行することにしました。

スウェーデンでは、ネット上(フェースブックツイッター)のヘイトスピーチを監視しているグループが1200件のヘイトスピーチを提訴しそのうちの144件が有罪判決となったと報告しました。

彼らの言うヘイトスピーチは(不法)移民に対する批判です。つまり、スウェーデンでは、(不法)移民の若者らに自分の車を焼かれたくないと思うスウェーデン人はみなレイシストなのです。

ヨーロッパでは(不法)移民による治安の悪化で人々の不安が高まり自己防衛(自分の身、住宅、所有物を守る)をするようになっています。

3年前にドイツの複数の都市で何百人もの女性が(不法)移民に強姦された時、ベルリンに住む26歳の学生、Carolin Matthie
さんは自己防衛をするために銃の所持許可を申請しました。多くの女性が銃を所持したいと考えるようになり銃所持の申請をしました。

しかしこのような動きこそがジョージ・オーウェルの小説「動物農場」そのものなので。

実は日本国家はブラックマンデー級の信用破綻状態。国民の私有財産を原資に、日銀、GPIF、貯金等で株、ETF社債国債買いに為替操作で、安倍「アベノミクスは成功」麻生「政府も企業も悪くない」黒田「緩やかに回復」竹中「岩盤規制撤廃」と称して外国人とそれを盗んだ。本当に第2次東京裁判は必要。

情報は以上です。
フランスの銀行取付により、今度の連休明けに銀行封鎖が起こる可能性が高いです。厳重な警戒を。銀行封鎖は国民がこの現実を知った日に起こります。みんなが銀行にお金をおろしに行けば銀行封鎖になるのです。だから知る前に引き出してください。今は銀行はお金を持っていません。株に使い込んで大損してるのです。だからみんながお金をおろしたら、その分のお金はどこにもないからです。
明日から始まる3連休は、恐怖の世紀末となる可能性があります。

注意!!! 注意!!! 注意!!!

  

半額以下商品多数!社会貢献型サンプリングサイト【Otameshi】